家族と共に取り組む

女性

治療は精神科で

双極性障害は大変古くから認識されていた病気ですが、発症の原因は未だに分かっておらず、確実な治療法は見つかっていません。そのため再発率が高く、生涯付き合っていくべき持病となります。思春期に発症するケースが多いため、持病と聞いて大変なショックを受ける人も少なくないです。しかし、症状を抑えると共に再発に役立つ薬もいくつかあるので、絶望的になることはありません。まず大切なのは双極性障害という病を理解し、受け入れることです。治療を始めて病相が出てこなくなると、再発する気がしなかったり、躁状態を単に元気な状態だったと解釈したりする人もいますが、それは危険です。もし予防せずに再発すれば、治療で病相を抑えられても、再発前の状態に戻すことは難しいのです。さらに再発を繰り返すと、日常生活が難しい状態になる可能性があります。飲みたくなくても、再発予防のために薬を飲み続けるのが大切です。患者本人にとって躁状態のときは調子が良く、うつ状態の方が辛いものですが、反対に家族にとっては躁状態の方が辛いものです。このような違いがあると、話し合っても意見がかみ合わずに喧嘩になってしまうことも少なくありません。喧嘩がちな家庭の中で過ごしているとストレスが積み重なり、再発を誘引する要因になりかねないので、家族も注意が必要です。家庭内で難しければ、医療関係者の下で話し合うのも一つの方法です。また、何度も躁状態を経験すれば、出現の前兆のようなものに気付くことがあります。それについても本人と家族が話し合っておけば、早い対処が可能です。双極性障害を治療するのは精神科です。精神科は精神障害の治療を基本としながら身体的症状にも注意して診ていく、という診療科です。精神科と共に心療内科を標榜しているクリニックは多いですし、他に似た名称の診療科に神経内科もありますが、双極性障害を診られるのは精神科医だけです。躁状態のとき、特に幻覚や妄想、幻聴などが出ている場合は入院が必要になる場合が多いです。入院治療になる可能性が高ければ、始めから入院施設のある医療機関を受診すると安心でしょう。もし入院施設がある医療機関が自宅から遠くても、通院治療が可能になった状態で近所のクリニックに転院すれは楽になります。医療機関によっては診断のために脳の画像検査をしたり、磁気刺激治療を行ったりしています。確実な治療法は見つかっていないものの、患者によっては効果的で画期的な治療法を取り入れている医療機関もあるため、探してみるのも一案です。また、国内には双極性障害の診断や治療を専門にしている医師もいます。双極性障害委員会のメンバーがインターネットに公開されているので、そこから探す方法のも有効です。それから、双極性障害で使われる薬は主に精神安定薬です。躁状態だけでなくうつ病と同じうつ状態も出てきますが、薬物療法で抗うつ薬が使われることはありません。抗うつ薬の種類によっては良くない状態になる可能性があり、注意が必要となっています。薬物療法で病相をある程度抑えたら、対人関係・社会リズム療法などの精神療法が行われます。これは社会リズムを整えて対人関係のストレスを軽減し、変化へも上手に適応できるようにする治療です。